オムツモデルレッスン

赤ちゃんモデルタレントをほしがっているのはオムツメーカーの他に雑誌やテレビなどのバラエティー番組出演がありますし、ドラマや映画でもリアル感を出すために本物の赤ちゃんを起用するケースが増えていますが、やはり圧倒的に多いのはオムツCMです。しかしながらほとんどがスタジオの中での撮影ですし見たこともない大人たちにぐるりと囲まれ、煌々と照らすライトとカメラを容赦なく向けられた環境で、赤ちゃんは怖がらないのだろうかと不思議なのですが、やはり中にはぐずる子もいますから万が一に備えて予備の赤ちゃんもセッティングされているのです。

実際オーディションには100人単位の母子がつめかけていて、その中からほんの一握りの子に絞り込まれます。事前の書類審査ではおよそ数100倍の応募がある中でのオーディションですから、仮に落選しても落ち込む必要はありません。入選したとしても暗澹とはしていられないというのも、先述したように実際に撮影で必要な赤ちゃんはたった1人だけなのに現場には複数の赤ちゃんが招集されているゆえです。

赤ちゃんモデルの世界がいかにシビアなものかを少しだけ知った上で、少しでも割の良いオーディションに受かるためにぜひ覚えておいて欲しいのはタレント事務所への入所です。この場合も入所オーディションという関門を母子共にくぐりぬけなければなりませんが、カリキュラムの一例を挙げると、ダンスやリトミックなどの表現力アップのためのレッスン、豊かな感性を磨くための作品鑑賞、親育のための育児レッスンや演技レッスンまであります。聞いているだけでもわくわくしてきませんか。